サラリーマンでも節税できるの?

サラリーマンでも、節税する方法はあります。

まず、民間の保険に加入していれば
「生命保険料控除」が受けられます。
生命保険の他、医療保険・介護保険なども対象となります。

次に、同一生計の親族を扶養に入れれば、
「扶養控除」が受けられます。
「親族が16歳以上で、所得が38万円以下」ということが条件です。

必ずしも同居している必要はなく、
下宿している大学生の子供に
仕送りをしているという場合でも対象となります。

そして、病気やケガなどで医療費がかさんだ場合は、
「医療費控除」を申請しましょう。
年に10万円以上の医療費を払っていれば、その分が控除されます。

治療費や薬代だけでなく、通院に要した交通費なども対象ですが、
確定申告を行う必要があります。

さらに、ローンで家を買った場合は、
「住宅ローン控除」が受けられます。
最初の年は確定申告が必要ですが、
2年目からは勤務先が手続きをしてくれます。

このような方法を採ることで、
サラリーマンでも節税が可能になります。


驚く

おすすめサイト